男の場合は、女性と比べて

皮脂の分泌量が多いと言われています。

 

分泌量の多い男性の肌は、

潤っているように見えますが、

じつは、水分量は、女性の半分しかありません!

 

乾燥しているのに

実感がない男性は多いそうです^^;

では、男女でスキンケアの違いはあるのでしょうか?

 

そこで今回のテーマは、

男女の洗顔料の違いなどについてです。

市販の男性用洗顔料と女性用では何が違う?

男女の洗顔料の違いは?男が女性用の洗顔料を使うとどうなる?

男性用の洗顔フォームの多くは、

皮脂量の多い男性の皮脂を落とすために

洗浄力が強いということです。

 

その他には、スクラブ入りや

洗顔後のスースーとするメンソール入りなど

爽快感を重視してたものが多いです。

 

しかし、爽快感の元であるメントールは、

使用感を目的に配合しているだけで

「洗浄力」や「美肌効果」は、ないそうです^^;

 

女性用の洗顔フォームには、

女性の肌は皮脂量が少ない分、

男性に比べると乾燥しやすいので

保湿タイプが多いです。

 

皮脂量の多い男性が、女性用洗顔料を使う場合、

皮脂を十分に洗い落とせないので

ニキビやテカリ、ベタつきなどの

肌トラブルが起こることがあります。

Check!男も洗顔が必要?洗顔する意味と正しいやり方について

市販の男性用洗顔料は、おすすめできません!

市販のメンズ用洗顔フォームは、

洗浄力が強いので、

肌には、刺激が強いです。

 

敏感肌や乾燥肌、アトピー肌などの男性は、

洗顔後、ヒリヒリや、肌荒れがひどくなります。

そして、

メンズ用のスクラブ洗顔料は、粒が粗く、

肌に摩擦を与えるものが多いからです。

 

肌に悪い、摩擦は、肌を傷つけて

バリア機能を破壊して、乾燥肌になります。

つまり、ニキビの原因となってしまいます。

 

刺激に弱い敏感肌の男性が

洗顔料の選ぶ時は

「肌に優しい」ものがおすすめです。

男性におすすめな洗顔料の選び方は

洗顔料で、肌が荒れてしまうのは

刺激となる成分が肌への負担になるからです。

 

メンズ用の洗顔料は、

女性用よりも合成界面活性剤や香料といった

刺激の成分が入っているものがよくあります。

 

乾燥肌・敏感肌の男性は、

肌荒れの元となるものは避けて

肌に刺激にならないもの

 

オイリー肌の男性には、

洗浄力の高いものを選ぶと良いですよ^^

 

男性の洗顔料には、その両方を兼ねている

コチラがおすすめです。

↓  ↓  ↓

男も使える洗顔ジェル「マイルド クレンジングジェル」

 

これ1本で「クレンジング剤」と「洗顔料」になる

W洗顔をする必要がない洗浄力で、

多くの赤ちゃん用品に使われている成分と

肌荒れなどのキメを整える成分が入っているから

しっかり洗浄できるのに低刺激

皮膚科の医師が監修した洗顔ジェルです!

 

乾燥肌・敏感肌の私も使ってみましたが

とても良かったです^^

一度試してみて下さいね。