人は、外気温度が上がると

体温調整のために、汗をかきます。

 

体の表面から水分を蒸発させて体温を下げています。

このことで暑い季節は冬と比べて、

およそ倍の量の水分を失っています。

 

たとえ汗をかかない状態でも、すでに脱水は始まっています。

脱水などの程度を知るためには、先ず尿を注目してみましょう。

汗をかかない場合は、尿の色から確認を!

汗をかかない時は、先ず尿に注目しよう!もしかして病気のサインが出ているかも!?

尿といえば、まず目につくのは、色ですね。

おしっこが濃いのは「脱水症状」のサインです。

 

尿の色は、尿中にウロクロームと言う

色素が一定に排泄されます。

尿の濃さは、ウロクロームの水分によって決まります。

つまり、濃い尿は、水分が足りない証拠なのです。

汗をかかないのに、尿が量が少ない

「汗をかかない」「尿が少ない」時も、脱水症状のサインです。

体温調整のため大量の水分が汗として失われます。

このために、

尿に回る水分が減少して、尿の量も減少します。

 

脱水状態が続くと、発汗も次第に減少して、

体温調整が出来なくなり

体温は上昇した状態を続けて、「熱中症」になります。

 

尿は、成人体重1㎏当たり

約1時間で、1mlが生成されています。

1日だと、1L~1.5Lの尿が作られていることになります。

 

汗があまり出ない季節でも、

1日1~2Lの水分摂取が必要です。

尿の色が濃い、排尿の回数が減った場合は、

汗をかかない、尿の色が濃い、排尿の回数が減った場合は、

もう既に、体内の水不足が起こっています。

脱水症状の目安は、比較的、透明な尿が出ている事です。

屋外にいる時は、

こまめに(1時間ごと)500ccの水分補給を!

 

頭痛、気分不快などの症状が出た時は、

涼しい日陰に移動して、

頸動脈、脇の下、両側の足の付け根などにある

太い血管を冷やしてください。

皮膚から出た汗が蒸発することで、

体温を下げる働きをします。

 

汗が蒸発ができない、

例えば、とても湿度が高く・風も吹かない状況では、

汗は、乾くことができないので、

体温を下げる働きが低下しています。

吸汗・速乾性の生地を使った下着などは、

この働きを補う事もできます。

 

室内ではエアコンを使いましょう。

エアコン使用時は、部屋は乾燥するので、

こちらも水分補給は大切です。

 

そして、睡眠時の熱中症も心配です!

熱中症の40%は、睡眠中になると言われています。

 

寝苦しい熱帯夜でも快適に熟睡できる
コチラがおすすめです。

↓  ↓  ↓

真夏の睡眠を快適にサポートする【水循環マット】で毎日ぐっすり!

睡眠中のエアコンは、
冷え過ぎることや電気代など気になりますが

水循環マットは、
水を循環することで、肌の乾燥することもなく、
タイマー付きなので、冷えすぎることもありません。

20~48℃まで温度調節OKだから
一年中使えて、電気代はエアコンと比べても、
夏なら1/4冬なら1/10で済みます^^

なぜ、汗をかかなくなるなるの?

エアコンや食生活の乱れ、加齢などで

脱水の傾向が強くなり、汗の量が減ります。

 

また筋肉量や基礎代謝が低下すると新陳代謝も落ち

免疫力が低下して、冷えなどの症状が現れます。

すると、皮膚の退化によって

汗腺が萎縮、発汗量が減っていきます。

 

「発汗量が少ない」「まったく汗をかかない」といった場合には、

  • 無汗症(先天性、特発性)
  • 甲状腺機能低下症や糖尿病、腎臓病などの代謝異常
  • 自律神経失調症などの神経疾患
  • アトピー性皮膚炎、乾癬などの皮膚病
  • 高血圧
  • 膠原病
  • ガンなど

上記の病気などの可能性があります。

Check!汗をかかないのは病気のサイン?その本当の理由とは

 

これを解消するには、免疫力を高めることです。

免疫力を高めるには、「体温を上げる」ことです。

 

体温を上げるのには、

ぬるめの38℃~40℃くらいのお湯に入浴しましょう。

さらに入浴剤を入れると効果的です。

 

おすすめの入浴剤は、こちら

↓  ↓  ↓

日常の不調に癒やしを【ホットタブ重炭酸湯】

ドイツの入浴方式で新温浴の効果がある炭酸入浴剤です!

お湯の温度で体温を上げる訳ではなく、
ぬるま湯で実感できます!

敏感肌の私や赤ちゃんにも優しいので、
たいへん重宝しています^^

 

そして、生活習慣の見直しも大切です。

  • ストレス発散に笑う。
  • 適度な運動をする。
  • 十分な睡眠時間と、その質を高めて、ぐっすり眠ること。
  • 身体を温める「陽性」の食べ物と栄養バランス。

Check!免疫力が低下する原因や症状、病気と改善方法

 

なかなか食事や生活習慣を改善するのが難しい場合は、

サプリメントなどの健康食品で補うことがおすすめです。

 

こちらに口コミも載せていますが、

私が今まで飲んだ中で良かったのがコレです。

↓  ↓  ↓

免疫力を高めるサプリ