暑い時や運動した時には、汗をかきますよね?

発汗量には、個人差がありますが、

中には、あまり汗をかかない人もいます。

自分の汗のニオイ、汗じみなど気になるものです。

 

それよりも特に注意すべきことは、

汗を「かくべき時に、適量をかいているか」ということです。

汗をかくのは生理現象ですが、

なぜ暑くても汗が出ないのでしょうか?

どうして汗をかくのか?

汗をかかないのは病気のサイン?その本当の理由とは

人が汗をかく理由は、

次の3つの種類に分類できます。

【1】体温を調整するためにかく「温熱性発汗」

暑い時、運動をした時など、

体温が上昇すると、適正な温度に保つために

汗をかき、汗が蒸発する時に、

体の表面の熱を奪って体温が下げます。

【2】辛いものを食べた刺激で顔にかく「味覚性発汗」

カレー、キムチなど

食べた後に、汗をかくことがあります。

味覚の刺激が交感神経に

伝わるために起きると考えられています。

【3】緊張や不安を感じたときにかく「精神性発汗」

緊張や興奮した時、

手に汗をかくことがあります。

精神的な刺激によって

交感神経が活発になり、汗が出ます。

 

この3つは心配いらない発汗ですが、

「突然、大量の汗が出る
みんなが汗をかいているのに、汗をかけない
「汗をかくべきタイミングで、適量の汗が出ない

このような場合は、

危険な病気のサインかもしれなません。

「汗をかかない、汗をかきにくい」のは、なぜ?

「汗をかかない、汗をかきにくい」のは、なぜ?

現代人は、

汗をかかない、汗をかきにくい人が増えてきています。

その原因には、以下のものが考えられます。

  1. 冷房の使いすぎ「体が冷えている」
  2. 食生活の乱れ「体の中が冷えている」
  3. 汗腺の減少「能動汗腺の退化」
  4. 水分を取らないことで「水分不足」
  5. 運動不足による「筋肉量が低下」
  6. 加齢による「老化」など

1.冷房の使いすぎ「体が冷えている」

夏場に涼しい室内にいることが多い人は、

体が冷えていると考えられます。

 

体が冷えると、熱を外に逃がさないように、

汗を抑える命令が働き、

体の防衛本能によって、汗が出なくなっているのです。

 

暑い所でも体温調節の機能が衰えて、

汗をかかなくなります。

Check!男の冷え性(冷え症)実は危険!?その原因や治し方について

2.食生活の乱れ「体の中が冷えている」

夏は暑いので、冷たい飲み物や

食べ物を体に入れる機会が増えます。

 

体内から体を冷やしてしまうため、

新陳代謝が低下してしまい

汗も出にくくなります。

Check!冷房が苦手!クーラー病になる理由と症状、対策方法とは

3.汗腺の減少「能動汗腺の退化」

人の能動汗腺の数は、

3歳頃までに決まりると考えられています。

この頃に、あまり汗をかかないで過ごすと、

能動汗腺の数が極端に少ないまま成長してます。

 

冷房の中にばかりいたり、

運動不足や食生活などの生活習慣の乱れによって、

汗腺の働きが衰え、汗が出ないだけでなく、

汗の質もベタベタした臭いものになります。

4.水分を取らないことで「水分不足」

汗の主な成分は水です。

体内の水分が不足していると

発汗量が少なくなります。

 

汗をよくかく人に比べて、

水を飲むことを忘れがちで、

さらに汗をかきにくくなります。

人の体には夏や冬でも、

1日1.5L~2Lの水を必要としています。

5.運動不足による「筋肉量が低下」

運動不足になると、

活動量が下がり筋肉量が減ります。

 

筋肉量が少ないと、基礎代謝が低下、

体温が上がらなければ

体温調節による温熱性発汗も行われず、

汗をかかなくなります。

6.加齢による「老化」

老化に伴い、脱水の傾向が強くなって、

汗の量が減っていきます。

また筋肉量や基礎代謝が低下すると、

新陳代謝も落ち、

免疫力が低下して、冷えなどの症状が現れます。

 

すると、皮膚の退化によって、

汗腺が萎縮、発汗量が減っていきます。

室内で熱中症で亡くなる高齢者が多いのは、

こういった理由があるためです。

「汗をかかない、汗をかきにくい」病気は?

「汗をかかない、汗をかきにくい」病気は?

「発汗量が少ない」「まったく汗をかかない」といった場合には、

以下の病気などの可能性があります。

  • 無汗症(先天性、特発性)
  • 甲状腺機能低下症や糖尿病、腎臓病などの代謝異常
  • 自律神経失調症などの神経疾患
  • アトピー性皮膚炎、乾癬などの皮膚病
  • 高血圧
  • 膠原病
  • ガンなど

これらの病気は、体温調節ができなくなることで、

自律神経の働きが低下、

すなわち免疫力が下っている状態です。

「汗をかかない、汗をかきにくい」を改善するには

「汗をかかない、汗をかきにくい」原因

  1. 冷房の使いすぎ「体が冷えている」
  2. 食生活の乱れ「体の中が冷えている」
  3. 汗腺の減少「能動汗腺の退化」
  4. 水分を取らないことで「水分不足」
  5. 運動不足による「筋肉量が低下」
  6. 加齢による「老化」など

 

これらを解消するには、免疫力を高めることです。

免疫力を高めるには、「体温を上げる」ことです。

 

ぬるめの38℃~40℃くらいのお湯に入浴しましょう。

さらに入浴剤を入れると効果的です。

 

おすすめの入浴剤は、こちら

↓  ↓  ↓

日常の不調に癒やしを【ホットタブ重炭酸湯】

ドイツの入浴方式で新温浴の効果がある炭酸入浴剤です!
お湯の温度で体温を上げる訳ではなく、ぬるま湯で実感できます!
敏感肌の私や赤ちゃんにも優しいので、たいへん重宝しています^^

 

そして、生活習慣の見直しも大切です。

  • ストレス発散に笑う。
  • 適度な運動をする。
  • 十分な睡眠時間と、その質を高めて、ぐっすり眠ること。
  • 身体を温める「陽性」の食べ物と栄養バランス。

Check!免疫力が低下する原因や症状、病気と改善方法

 

食事や生活習慣を改善するのが難しい場合は、

サプリメントなどの

健康食品で補うことがおすすめです。

 

こちらに口コミも載せていますが、

私が今まで飲んだ中で良かったのがコレです。

↓  ↓  ↓

免疫力を高めるサプリ