白内障は、レンズの役割をしている水晶体が濁る病気です。

 

白内障の症状は、

  • ものがかすんで見える
  • ぼやけて二重に見える
  • 明るいところへ出るとまぶしくて見にくい

など視力が低下してしまいます。

白内障はルテインを多く摂取すると改善できる!?
 (参照元:日本眼科医会)

 

多くは加齢が原因で発症します。それを老人性白内障と言います。

早い人では40代から発症。60歳以上では大部分の人に白内障が見つかります。

その他の原因は、目の外傷や目の他の病気、薬の副作用などが知られています。

 

進行した白内障は、薬では回復できない?

進行した白内障は、ルテインなどの薬では回復できません
(参照元:日本眼科医会)

まずは、白内障の症状チェックをしてみましょう。

① 目から30cm位チェックシートをはなす。(眼鏡はかけたまま)

② 片目ずつ、格子の中心の黒い点を見ます。

③ 「線がゆがむ」「中心が見えずらい」「一部が欠けて見える」

など見え方がおかしい場合は、すぐ眼科専門医を受診してください。

 

進行した白内障は、手術が行われることになります。

一般的に、濁った水晶体は取り除いて、人工の眼内レンズを埋め込む目の手術をすることになります。

ルテインは、白内障のリスクが低下するそうです
(参照元:日本眼科医会)

 

最近の白内障手術は、日帰りで終わるものもあるそうですが、

できれば手術は受けたくありませんよね^^;

 

軽度の白内障や白内障の術後の場合には、

点眼薬や内服薬、ルテインサプリメント、ルテインを多く含んだ食事などで

病気の進行を抑える予防などが行われます。

 

よこはま駅ビル眼科では、3粒で1日分のルテイン(20mg)を摂取できる

参天製薬のサプリメント「サンテ ルタックス20+ビタミン&ミネラル」を推奨しています。

(参照元:http://www.yokohamaganka.com/santelutax.html)

ルテインは、白内障のリスクが低下する!

アメリカの国立眼研究所(NEI)の研究によると、

ルテイン・ゼアキサンチンの摂取量が高い人は、

白内障加齢黄班変性にかかるリスクが低下したそうです。

 

厚生労働省の独立行政法人 国立健康・栄養研究所では、

疫学調査で、ルテイン成分の安全性・有効性などを公表しています。

ルテインを多く摂取すると、手術が必要なほどの白内障、

加齢黄班変性の発生リスク低減に、有効性が示唆されています。

(参照元:独立行政法人 国立健康・栄養研究所)

白内障には、ルテインを効果的にサプリメントで補充することがおすすめ

内閣府の発表では、健康な方には、

ルテイン1日あたり6mg~10mg 摂取することを推奨しています。

 

ルテインが6mgを、ほうれん草で換算すると

米国では、サラダボウルに5杯といわれています。

なかなか食事で摂ることはできませんね^^;

 

軽度の白内障の場合は、更に多くのルテイン摂取の必要があります。

そこで食事で足りないルテインは、サプリメントで補することが効果的でおすすめです。

 

こちらに口コミを書いていますが今まで試した中で良かったのがこれです。

↓  ↓  ↓

メニールテインゼア90日のレビュー

 

しっかりと成分として根拠となる有効成分が入っているので、とても良いと思います^^