加齢黄斑変性は、黄斑部分の異常な変化によって、

視力が低下してしまう病気です。

 

加齢黄斑変性には

「萎縮型」「滲出型」の2つのタイプがあります。

萎縮型の症状は、進行が緩やかなので、

病変が黄斑の中央部なければ、視力障害にはなりません。

 

一方、滲出型の加齢黄斑変性は、

進行が早く、失明の原因になるので、

特に、早期発見・早期治療が重要です。

 

初期の滲出型加齢黄斑変性は、ものの大きさが

目の左右で違って見えたり、

ゆがんで見える(変視症)などで自覚します。

加齢黄班変性は治る!?その理由と予防・改善方法とは!
(参照元:日本眼科医会)

加齢黄斑変性の原因と予防

老化によって、

黄斑部網膜の老廃物を処理する働きが衰えて

黄斑部に老廃物などが沈着して

網膜の細胞・組織に異常がおきると言われています。

その他には、

生活習慣紫外線、喫煙、遺伝などと言われています。

 

予防のためには、喫煙を控えて、

眼をサングラスで直射日光から守って

バランスのよい食事を取ることが大切です。

 

網膜の細胞を障害する活性酸素です。

その悪影響を軽減する食べ物は、以下のものがあります。

  • 抗酸化ビタミン(ビタミンE、ビタミンC、ベータカロチンなど)
  • ミカン、大豆、玄米、ニンジン、カボチャ
  • 抗酸化酵素を含む(牡蠣や海藻など)

ルテインは、加齢黄斑変性のリスクが低下する!

アメリカの国立眼研究所(NEI)の研究によると、

ルテイン・ゼアキサンチンの摂取量が高い人は、

白内障や加齢黄班変性にかかるリスクが低下したそうです。

Check!ルテインとゼアキサンチンの違いと効果は?

 

厚生労働省の独立行政法人 国立健康・栄養研究所では、

疫学調査で、ルテイン成分の安全性・有効性などを公表しています。

ルテインを多く摂取すると、手術が必要なほどの白内障、

加齢黄班変性の発生リスク低減に、有効性が示唆されています。

(参照元:独立行政法人 国立健康・栄養研究所)

加齢黄斑変性などには、サプリメントで効果的に補充することがおすすめ

内閣府の発表では、

ルテインは1日 6mg~10mg 推奨しています。

 

ほうれん草で換算すると米国では、

サラダボウルに5杯といわれています。

食事では、なかなか摂ることはできませんね^^;

 

足りないルテインは、

ルテイン・ゼアキサンチンが入った

サプリメントで補充してあげると効果的です。

 

ルテイン・ゼアキサンチンを、

両方をバランスよく含んだ

サプリメントを摂取するのが効果的です。

 

すでに加齢黄斑変性になっている方は、

反対の眼を守るためにも

また、手術後の予防のためにも

サプリメン卜を服用することが良いと思います。


 

【朝のルテイン&プラセンタ】は、

ルテインを、一般的なサプリの6倍以上の40mg

ゼアキサンチンは、2.4mg配合しています。

さらに、マンゴー風味のゼリータイプなので

おいしくて食べやすいと好評ですよ^^

 

通常9,800円と少々高めですが、

定期コースにすると、初回半額3,920円、2回目以降も20~30%OFF

 

朝のルテイン&プラセンタ【公式サイト】は、こちら

↓  ↓  ↓

ルテイン配合量国内最高レベル【朝のルテイン&プラセンタ】

初めての人には、返金保証制度もあるので、

安心して試せますよ^^

 

ルテイン、ゼアキサンチンの両方を

バランスよく摂りたいあなたにおすすめです^^