パソコンやスマホの画面から出ている

ブルーライトを見続けると、

目に大きな負担をかけています。

 

一日中、仕事でパソコンの画面を見ている人もいれば、

スマホの画面をゲームや

SNSなど絶え間なく見ている人もいますね。

 

そんな時代の変化で、慢性的な目の疲れを感じている人が

年齢や性別を問わず急激に増えているといわれています。

その慢性的な眼精疲労は、

意外にも髪の成長を妨げる恐れがあります。

 

そこで今回のテーマは、

眼精疲労で薄毛になる原因と改善方法について紹介します。

眼精疲労が薄毛になる原因

眼精疲労が続くと薄毛に?目の疲れの原因と改善方法

最近の研究では、眼精疲労が起こると

目や肩だけではなく、

頭部や頭皮にも血行不良

起こることがわかってきました。

 

眼精疲労のうち薄毛の原因は、

ドライアイや自律神経失調由来のものです。

目で見た情報を脳に伝えたり、

まばたきする視覚神経を使い過ぎると

血行不良になり抜け毛が増えてしまうのです。

 

パソコンの画面を長時間見続けてる人や、

一日中、スマホを見続けている人には、

額が薄い人が多い気がしませんか?

 

薄毛の原因が眼精疲労の場合、

薄毛がM字型に進むことが多いそうです。

その他の特徴は、

不思議なことに側頭部の髪の毛が抜けるのです。

 

もし、目を酷使しているような生活をしていて、

「最近、額が薄くなってきたな」

「側頭部の抜け毛が気になる」と感じたら、

それは、目の使い過ぎが原因かもしれません!

眼精疲労による薄毛を改善する方法は

目の疲れを改善するためには、

生活スタイルの改善や食生活の見直しが基本です。

パソコンやスマホが

原因の眼精疲労を治すには、

目を酷使しないことです。

 

仕事の合間に、

1時間したら10分~15分は目を休めたり

凝り固まった首や肩を動かすことで

血流は回復します。

 

こめかみや首の周辺にある

目の充血に効果のあるツボ

うなじの生え際にある「風池(ふうち)」というツボを

1日数回、数秒間の刺激するだけでも良いでしょう。

 

そして、厚生労働省でも推奨している

主食、副菜、主菜、乳製品、果物の5つのジャンルを

バランスよく摂っていくことが大切なことです^^

 

特に、目に良いとされる代表的な成分は下記のものがあります。

  1. アントシアニン
  2. ルテイン
  3. アスタキサンチン
  4. ビタミン類

Check!⇒ 眼精疲労によい食べ物、悪い食べ物ってあるの?

 

日常の食事だけでは、

不足しがちな栄養素を

サプリメントで補うのもひとつの方法です。

 

髪にも、十分な栄養が行きわたるように、

眼精疲労を改善する

サプリメントで補給していきしょう。

Check!⇒ 眼精疲労による薄毛はサプリメントで治るの?