40歳前後から「以前に比べて体がついてこなくなった」という話もよく聞きます。

 

40代は、体力や気力が衰えていく年代と言われています。

健康のため「筋トレ」「ジョギング」などの体力づくりが、

実は、生活習慣病のリスクを高めているのです。

 

そこで今回は、

健康のための運動が老化現象になる理由と解決法についてです。

過度な運動が健康に悪い理由とは

健康のための運動が老化現象になる理由と解決法とは

運動は、生活習慣病の予防にもなるのですが

長時間、または激しい運動をすると

多く発生する活性酸素が、DNAを酸化(サビ)させ、傷つけます。

 

老化した細胞は、その周りの細胞にもサビを移していき

糖尿病、高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中など

生活習慣病 を引き起こします。

 

軽いダメージなら、体内の酵素で修復しますが、

それが不完全に修復されると、ガンを引き起こすこともあります。

運動した筋肉質な体は、健康的に見えるけど・・・

筋肉質で引き締まった体型でも

体の内では、どんどん老化が進んでいます。

 

スポーツ選手は、風邪を引きやすいと言われます。

それは、激しいトレーニングで、

体の中を傷つけ、抵抗力が落ちているからです。

そして、

現役生活の長いアスリートほど、早く亡くなる傾向もあります。

健康的な運動方法は「疲れない体づくり」

40代になると、どうしても代謝が落ちていきます。

若い頃は、体の免疫力が高いので、回復が早いのですが

年齢を重ねると 慢性的な疲れ が 衰え につながっていきます。

 

疲労回復のためにマッサージへ行ったり、

休んだりすることで、疲れがとれたというのは、楽になっただけで

「疲れない体」になったわけではないのです。

年齢に見合った健康的になる「運動」と「食事」とは

「疲れない体」づくりのためには、代謝を上げることです。

 

年をとることで、太りやすくなる大きな原因のひとつは、

「基礎代謝」が下がることですが、

運動を続けることで代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすい体に変わります。

 

疲れたなと感じたら

『10分間、軽くランニングをしてみましょう』

軽く体を動かすことで、

心身ともにリフレッシュし、むしろ疲れがとれると感じます。

 

汗をかくことは、体内の老廃物や疲労物質などを体外に出して

代謝を良くするために効果的と言われています。

 

そして普段から代謝を上げる食品』を上手く取り入れることで、

「疲れない体づくり」をサポートしてくれるはずです。

 

【代謝を上げる食品】

  • アミノ酸  :卵、レバー、牛乳、チーズなど
  • ビタミンB群:豚肉、うなぎ、青魚、玄米、納豆など
  • カリウム  :納豆、みそ、豆腐など
  • ヨウ素   :コンブ、ワカメ、ハマグリ、青魚など
  • 体を温める :トウガラシ、生姜、長ねぎ、カボチャなど

 

健康の基本は、適度な運動バランスのよい食生活です。

 

「疲れない体」=免疫力(基礎代謝)をアップさせるには、

食生活の改善が効果的ですが、

普段の食事で「今日はどの栄養素が足りてない」なんて、

なかなかわからないですよね?

 

免疫力(基礎代謝)を上げるサプリメントには、

ブロッコリーを原料にしたサプリメントがおすすめです。

生のブロッコリーは、栄養価がとても高い野菜なんです!

 

こちらに私も試したレビューを載せていますが、

今まで飲んだ中で、とても良かったです。

↓  ↓  ↓

免疫力を高めるサプリメント

 

サプリメントを効果的に利用することは、大変有益ですが、基本は、食事です!

そして、免疫力(基礎代謝)UPのサプリメントを上手に活用したいものですね。