老化を引き起こすのは、

体の中で起きる「酸化」「糖化」「ホルモンの変化」だといわれています。

これらの現象は、若い体にも起こっていますが、

特に、40代前後からの体には、老化に直結する大敵なのです!

 

活性酸素によって細胞は酸化、老化していきます。

野菜や果物がもつ抗酸化物質には、

ビタミンやポリフェノールなど、さまざまありますが

その中でも、抗酸化パワーが強いのがビタミンCです。

 

そこで今回は、老化防止するビタミンCについて紹介してみます。

老化防止には、ビタミンC!

老化防止の食べ物!ビタミンCをとる時の重要な注意点とは?

ビタミンCは、血中に回って、

体のよくないところに到達することができるので

吸収されやすく、非常に即効性が高い成分です。

 

厚生労働省の発表では、

100mg(レモン約1個分)が1日の基準とされています。

しかし、ビタミンCは消費するのが、意外に早いのです!

なぜ老化防止に、多くビタミンCを摂るほうがいいの?

ビタミンCを、しっかり摂っていたとしても、

生活習慣の乱れや飲酒、喫煙、激しい運動をするなどで、

体内に活性酸素が増えれば、その除去のために、

ビタミンCは、どんどん消費されてしまいます!

 

運動をして汗をかくことは、、

ビタミンCを垂れ流しにしていることなので

ビタミンCは、極端に減っていきます。

 

特に夏の時季は、汗をかきやすいため、

ビタミンCが不足しがちになるので、

あらかじめ補っておいた方が良いのです。

ビタミンCを消費!「老化を促進させる」食べ物とは?

40代前後になると、多くの人が身体に脂肪をため込んだ

オジサン・オバサン体型になっていきます。

 

老化を促進する!避けるべき食べ物は、

「質の悪い脂肪」「血糖値を急上昇させる」食材、

そして「有害物質」を含む食品です。

 

【動物性脂肪】
細胞に炎症を起こす、飽和脂肪酸が多い。

 

【加工された油・揚げ物(マーガリン、フライドポテト、ピーナッツバターなど)】
トランス脂肪酸が多く、悪玉コレステロールを増やします。

 

【精製された砂糖や穀物(白砂糖、白米、白いパンなど)】
血糖値を急激に上昇させる。

 

【乳製品】
乳製品に含まれる乳糖(ラクトース)は、血糖値を上昇させやすい。

 

【お菓子や清涼飲料水、アルコール】
糖分が多く、血糖値を上昇させやすい。
食品添加物も多く含まれているものが多い。

 

【高温で加工された炭水化物(シリアルなど)】
炭水化物を高温で加工すると、細胞の炎症を引き起こすアクリルアミドという有害物質が発生。

 

【燻製や缶詰、その他加工食品】
燻製には、ベンゾピレンという発がん性物質が含まれている。
缶詰には、環境ホルモンなど、有害物質が含まれている。

老化防止には、ビタミンC多く含んだサプリメントで補給!

外食などが多く、なかなか食事で、

抗酸化物質を十分に摂れない場合には、

老化防止するサプリメントで補っていくことが効果的です。

 

老化防止するには、代謝を上げること!

すなわち免疫力を上げることが大切です。

免疫力が下がると、

目には見えない「細菌」「ウィルス」「病原菌」など

皮膚の粘膜の機能が落ちて、体の内に入りやすくなり、体調が悪化します。

 

免疫力を上げるサプリメントには、

ブロッコリーを原料にしたサプリメントがおすすめです。

生のブロッコリーは、栄養価がとても高い野菜で、

ビタミンCは、レモンの2倍も含まれています!

 

こちらに僕が試したレビューを載せていますが、

今まで飲んだ中で、とても良かったです。

↓  ↓  ↓

免疫力を高めるサプリメント

 

サプリメントを効果的に利用することは、大変有益ですが、基本は、食事です!

外食する時でも、なるべく前述したルールを守って

食事のメニューを選んだり、不適切なものは、残すようにしてくださいね^^